近澤式足もみ健康法とは?

卒業生用アイテム購入ページ

「近澤式足もみ健康法」とは?

WHO(世界保健機関)公認の国際若石を学び、国際若石健康研究会日本分会(若石健康法)認定番号 PB130603を取得した指導員が学院を創立し、 若石式の手もみ手法と近澤式のあんま棒を使った手法を組み合わせ最大の回復に導ける究極のメソッドとして完成させた唯一の足もみ健康法です。 足裏にある64の反射区(ツボ)をゾーンとして捉え、足裏はあんま棒を使い、ふくらはぎや足の側面はオールハンドにて 人それぞれ足の状態・反射区(ツボ)に合わせ的確に刺激します。

近澤式足裏健康養成学院 運営ランセンス認定資格

近澤式足もみ健康養成学院ではどんなメソッドを教えるのですか?

あんま棒を使用して簡単に自宅のセルフケアに生かすための「基本コース」と、他人の足もみができるようになり、 全国どこでもサロン展開が日本足裏健康法普及協会認定店として開業できる「プロ養成コース」があります。 学院では、 体質・体調を見極めができるようになるためのメソッドやケア方法、 歴史や効果まで詳しく丁寧にオリジナルのものを使用して教えており、常に医療機関・医師も含めたネットワークを生かし日々研究を重ねております。

近澤式足裏健康養成学院を修了・卒業すると独立可能ですか?

可能です。 当学院で保有する商標「近澤式もみ健康法(登録 第5606105号 第41類、第44類)」を基にライセンス取得者には名称の使用が可能になります。 さらに、ライセンス取得者(日本足裏健康普及協会認定店)は、特別価格での足裏関連グッズ購入やポスター、商品一覧表、のぼり旗など開業セットの提供、 学院ホームページでの認定店紹介、プロ養成講座の再受講など様々な特典があります。 尚、開業後は特にロイヤルティーなどは一切発生致しません。(NPO登録料初年度3,000円、以降年間1,000円のみ)

▲ このページの先頭へ